寒中見舞い

年賀状を送らなかった人に対しての年賀状返しができるのは、松の内(1/1~1/7)まで。
1月7日を過ぎてから年賀状が届くのはさすがに遅すぎで印象も悪くなります。

そんなときは「寒中見舞い」を送りましょう。

 寒中お見舞い申し上げます。

寒中見舞いは年賀状の返答のほか、喪中のため年賀状が出せなかった方にあいさつをしておきたい場合にも使います。

寒中見舞いの印刷済みはがき

最近は寒中見舞いの印刷済みはがきも売っているんです。

寒中見舞いの印刷済みはがき

二十四節気の小寒(1月5日)から立春(2月4日)までの寒中に行う見舞いが寒中見舞いということですので、1月5日から使っていいんですが、喪中の方に対しては松の内を過ぎてから届くほうが望ましいので、投函は1月7日以降にしておくほうが無難です。